枚方市ごみの収集

スポンサード リンク

枚方市ごみの収集

枚方市の家庭ごみ収集について、枚方市がインターネットというメディアを利用して私たちにわかりやすく家庭ゴミ情報を提供されています。
枚方市ホームページの中から、家庭ゴミやリサイクルのページを探し、枚方市の家庭ごみ収集を項目別に紹介しておりますのでご活用いただければ幸いです。

 

不用パソコン無料処分方法
回収費・処分費など費用は一切かかりません!
壊れている物・電源が入らない物、メーカー・機種に関係なく無料回収できます。

 

 

リサイクルマークの種類(識別表示マーク)

プラマーク

プラマーク

アルミ缶マーク

アルミ缶マーク

スチール缶マーク

スチール缶マーク

ダンボールリサイクルマーク

ダンボールマーク

ペットリサイクルマーク

ペットマーク

紙リサイクルマーク

紙マーク

紙パックマーク

紙パック

携帯リサイクルマーク

携帯リサイクル

パソコンリサイクルマーク

パソコンリサイクル

家庭ごみ収集は住んでいる地域のルールに従いましょう

ごみ収集が気になる猫

燃えるゴミ、燃えないゴミ、資源ゴミ、粗大ゴミなどに分けることがゴミ分別の基本ですが、この分別の仕方は地域によって違うのが現状です。

 

これは、各自治体のゴミ処理方法や施設の違いによるものですから、皆さんの住んでいる地域のルールに従って分別をする必要があります。

 

間違った分別をしないために、地域のルールをチェックしておきましょう。

 

 

スポンサード リンク

 

 

 

 

枚方市ごみ収集主な品目の紹介

枚方市のごみ収集のページを見てみると、次のような項目でゴミの収集がなされています。

 

資源ごみ 枚方市のごみ収集
■枚方市のごみ収集主な内容の紹介
小型プラスチック製品はためずに家庭一般ごみに出してください。
空き缶やびん・ガラス類は資源ごみの回収日に排出してください。
ペットボトルやトレー等については、容器包装リサイクル法に基づき「ペットボトル・プラスチック製容器包装」の分別収集になります。

 

お買い物をされた店舗で回収されている物はそちらのリサイクルされる方へ排出をするなどして、ごみ減量にご協力をおねがいたします。

 

  • 一般ごみの出し方
  • 粗ごみ・大型ごみの出し方
  • ごみ処理券販売店
  • 空き缶・びん・ガラス類の出し方、ペットボトル・プラスチック製容器包装の出し方
  • 臨時ごみ・持込ごみ・動物の死体・市が収集できないごみは、「粗大ごみマニュアル」をご覧ください
  • ※ご注意下さい。中身が残ってしまったカセットボンベ・スプレー缶の処理方法
  • ふれあいサポート収集
  • 地域別収集日程表
  • テレビ・洗濯機・冷蔵庫・エアコンのリサイクル〜引き取り協力店
  • 家庭系パソコンのリサイクル
  • 使用済み小形充電式電池・ボタン電池のリサイクル
  • 携帯電話・PHS端末のリサイクル
  • 消火器のリサイクル
  • 使用済小型家電の回収  
  • ごみに関するQ&A
  • 大型ごみ持出しサポート収集

 

粗ごみの主なもの
電気スタンド・ラジカセ・電気ポットなどの指定品目である大型ごみ以外の小型家庭電気製品
なべ・かま・やかん・せともの類
資源ごみに出せない缶詰やスプレー缶など(例:中身を使い切ったモーターオイル缶、一斗缶)
蛍光灯、電球、鏡
衣装ケース・ポリタンクなどの大型プラスチック製品類(但し1メートルを超えないもの)
ふとん・座ぶとん、ウレタンマット、座いす、乾電池、植木を剪定したもの(業者が剪定した場合を除く。植木の剪定を業者に依頼した場合は、剪定枝の引取りまで依頼してください)
一般ごみとして排出できる材質(プラスチック類)で45リットル以下の無色透明・白色半透明のポリ袋に入らないもの
その他おおむね1メートル未満でつぶれやすいもの

 

粗ごみの出し方
袋に入れる……………45リットル以下の透明・白色半透明のポリ袋 (くちを結んでください)
ひもでくくる…………長さ1.5メートルのひも(主に長さ1メートル未満の傘や剪定した枝など)
段ボール箱に入れる…たて×よこ×高さの合計が1.3メートル以下の段ボール箱(ふたは中身確認するため封で閉じないでください)
袋や段ボール箱に入らないもの(ストーブやファンヒーターなど)はそのまま出してください
1点ずつに「受付番号」と「名前」を書いたものを貼ってください
月1回6点までの申し込みができます

 

■詳しくは…枚方市ホームページ > くらし > 一般家庭ごみ のページをご覧ください。

スポンサード リンク


不用品処分

不用品と言っても売れるものやリサイクル、リユース出来るものもありますので、捨てる前にしっかり確認してみましょう。
どうしてもごみとして捨てなければならない場合もありますが、ごみの出し方は地域によって違うのが現状です。
粗大ごみガイドブック
不用品の処分でお困りの場合
まずは無料の見積もりをしてから処分しましょう。

ECOクリーン