都城市ごみの収集

スポンサード リンク

都城市ごみの収集

都城市の家庭ごみ収集について、都城市がインターネットというメディアを利用して私たちにわかりやすく家庭ゴミ情報を提供されています。
都城市ホームページの中から、家庭ゴミやリサイクルのページを探し、都城市の家庭ごみ収集を項目別に紹介しておりますのでご活用いただければ幸いです。

 

不用パソコン無料処分方法
回収費・処分費など費用は一切かかりません!
壊れている物・電源が入らない物、メーカー・機種に関係なく無料回収できます。

 

 

リサイクルマークの種類(識別表示マーク)

プラマーク

プラマーク

アルミ缶マーク

アルミ缶マーク

スチール缶マーク

スチール缶マーク

ダンボールリサイクルマーク

ダンボールマーク

ペットリサイクルマーク

ペットマーク

紙リサイクルマーク

紙マーク

紙パックマーク

紙パック

携帯リサイクルマーク

携帯リサイクル

パソコンリサイクルマーク

パソコンリサイクル

家庭ごみ収集は住んでいる地域のルールに従いましょう

ごみ収集が気になる猫

燃えるゴミ、燃えないゴミ、資源ゴミ、粗大ゴミなどに分けることがゴミ分別の基本ですが、この分別の仕方は地域によって違うのが現状です。

 

これは、各自治体のゴミ処理方法や施設の違いによるものですから、皆さんの住んでいる地域のルールに従って分別をする必要があります。

 

間違った分別をしないために、地域のルールをチェックしておきましょう。

 

 

スポンサード リンク

 

 

 

 

都城市ごみ収集主な品目の紹介

都城市のごみ収集のページを見てみると、次のような項目でゴミの収集がなされています。

 

家庭ゴミ 都城市のごみ収集
■都城市のごみ収集主な内容の紹介
ごみの出し方、分け方
燃やせるごみ
必ず指定ごみ袋を使用して下さい。
・残飯、廃食用油
・紙くず
・雑草、木くず
・貝殻
・紙おむつ
・葉、枝
・カーボン紙、熱転写紙
・衣類(古着類)
・飼料袋(ドッグフードなどの袋)
・紙パックで中に銀色のアルミ箔がついているもの(焼酎の紙パックなど)
・布団、毛布
・シュレッダーにかけた紙
・ぬいぐるみなど

 

燃やせるごみを出す時のポイント
・廃食用油は川を汚さないために流さずに布や紙に染み込ませるか市販品で固めてください。廃食用油回収容器を設置してある自治公民館は、容器に出してください。
・枝は50センチ以内に切って縛り、出してください。
・生ごみをスーパーの袋(透明袋)に入れてから、指定ごみ袋に入れることもできます。
・布団、毛布は指定袋に入るものに限ります。入らない場合は、直接清掃工場に搬入するか環境業務課の粗大ごみ収集(有料)に申し込んでください。
・粗大ごみ(家具・畳など)を清掃工場に搬入される際は、前もって電話をしてください。破砕機の点検・整備中は、搬入できない場合があります。・引っ越しごみは収集できません

 

問い合わせ
清掃工場 電話:0986-23-0277

 

粗大ごみ有料収集
環境業務課 電話:0986-24-5560

 

 

燃やせないごみ
必ず指定ごみ袋を使用して下さい。
・ビニール、ビニール容器
・茶碗などの陶器類(1〜2枚程度)
・紙でできていない菓子袋
・コップなどのガラス類
・ラップ類
・化粧びん
・ビデオテープ
・プラスチック類
・卵パック
・小型の電気製品(家電4製品を除く)
・発泡スチロール
・びんのふた
・バッグ、靴などの革製品
・鉄類(空き缶以外の金属、鍋、やかんなど)

 

燃やせないごみを出す時のポイント
・粗大ごみ(通常の収集にそぐわないもの)
自転車、ベッド、応接セットなどは志和池のリサイクルプラザに自己搬入するか、環境業務課の粗大ごみ収集(有料)に申し込んでください。

 

・発泡トレイは洗ってから、資源ごみとして資源ごみ置き場に出すか、スーパーなどの回収箱に出してください。
・ブロック片、多量のガラス・陶磁器類、焼却灰などは、志和池、高崎の最終処分場へ自己搬入してください。

 

問い合わせ
環境業務課 電話:0986-24-5560
リサイクルプラザ 電話:0986-36-3900
志和池一般廃棄物最終処分場 電話:0986-36-3653
高崎一般廃棄物最終処分場 電話:0986-62-5222

 

 

資源ごみ
資源ごみの収集場所は、ほとんどが自治公民館となっております。
・新聞、チラシ
・雑誌、菓子箱、紙類(カーボン紙、ワープロ用の熱転写紙は燃やせるごみへ)
・ダンボール(3層構造のもの)
・牛乳パック(牛乳・ジュース類)
・空き缶、缶詰
・ペットボトル
・びん類(酒類、栄養剤、ジュースびんなど)
・白色トレイ

 

資源ごみの出す時のポイント
・紙類はひもで縛るか袋に入れる。
・ダンボールはたたんでひもで縛る。
・牛乳パックは洗って、開いて、乾かす。
・缶詰は中身を捨てて、洗って出す。
・表裏とも白色の発泡スチロール製食品トレイに限ります。(スーパー等の回収は従来通りです。)
・袋で持ってきたら必ず袋から出して、所定の箱か網に入れてください。

 

有害ごみ
・蛍光灯
蛍光灯以外の電球および割れた蛍光灯は、燃やせないごみとして出してください。

 

・使用済み乾電池
充電式電池およびボタン電池は、販売店の店頭などの回収ボックスに出してください。

 

危険ごみ
収集場所は資源ごみ置場と同じです。

 

カセットボンベ、スプレー缶
最後まで使いきって、穴を開けて出してください。

 

ガスライター
燃料ガスを使いきって出してください。

 

市で収集できないもの
農業用ビニール、農薬・劇薬、タイヤ、ドラム缶、バッテリー、ガスボンベ、消火器、塗料缶(中身のあるもの)などは、処理業者に依頼するか販売店に引き取ってもらいましょう。

 

■詳しくは… 都城市ホームページ > > ゴミの収集 > ゴミの出し方、分け方のページをご覧ください。

スポンサード リンク


不用品処分

不用品と言っても売れるものやリサイクル、リユース出来るものもありますので、捨てる前にしっかり確認してみましょう。
どうしてもごみとして捨てなければならない場合もありますが、ごみの出し方は地域によって違うのが現状です。
粗大ごみガイドブック
不用品の処分でお困りの場合
まずは無料の見積もりをしてから処分しましょう。

ECOクリーン