横浜市古紙の収集

スポンサード リンク

横浜市古紙の収集

横浜市の古紙の出し方について、横浜市がインターネットというメディアを利用して私たちにわかりやすく古紙の出し方情報を提供されていますのでぜひご活用ください。横浜市ホームページの中から古紙の出し方のページを探し、古紙の出し方がわかるようにしましたのでご利用いただければ幸いです。

 

スポンサード リンク

 

 

横浜市古紙の出し方の紹介

「古紙」の出し方

 

お住まいの地域の資源集団回収にお出しください。
※「古紙」は雨の日でも出せます。

 

古紙の種類と出し方

 

新聞
四つ折りにして、まとめてひもでしばってください。

 

雑誌・その他の紙
雑誌
週刊誌、漫画本、専門誌、単行本、百科事典、教科書、カタログなど
まとめてひもでしばってください。

 

※紙製以外の付録や皮や布、ビニール等の紙製以外の表紙は取り除いて「燃やすゴミ」として出してください。

 

その他の紙
包装紙、パンフレット、メモ帳、シュレッダーした紙、お菓子などの紙箱、レシート、紙袋など「新聞」「雑誌」「段ボール」「紙パック」以外の紙
紙袋(ない場合は半透明の袋)に入れ、ひもでしばるなど中身が出ないようにしてください。

 

次のもの以外の紙類は、すべて出すことができます。
汚れた紙、銀紙、内側がアルミ貼りの紙パック、裏カーボン紙、捺染紙(アイロンプリント紙など)、感熱発泡紙(点字などに使用する加熱すると盛り上がる紙)、カップ麺の紙製容器、ヨーグルト・アイスクリームの紙製容器、洗剤の紙製容器、石けんの個別包装紙
これらは「燃やすゴミ」として出してください

 

段ボール
折りたたんでひもでしばってください。

 

※アルミでコーティングされたものやワックス加工されたものは「燃やすゴミ」へ
※粘着テープは取り除いて「燃やすゴミ」へ

 

紙パック
・水洗いして切り開き、乾燥させてください。
・大きさをそろえてひもでしばってください。

 

※内側がアルミ貼りのものは「燃やすゴミ」へ

 

■詳しくは…古紙の出し方ページをご覧ください。

スポンサード リンク


不用品処分

不用品と言っても売れるものやリサイクル、リユース出来るものもありますので、捨てる前にしっかり確認してみましょう。
どうしてもごみとして捨てなければならない場合もありますが、ごみの出し方は地域によって違うのが現状です。
粗大ごみガイドブック
不用品の処分でお困りの場合
まずは無料の見積もりをしてから処分しましょう。

ECOクリーン