横浜市では収集しない『家電製品』の出し方

スポンサード リンク

横浜市では収集しない『家電製品』の出し方

横浜市では収集しない『家電製品』の出し方の出し方について、横浜市がインターネットというメディアを利用して私たちにわかりやすく市では収集しない『家電製品』の出し方情報を提供されていますのでぜひご活用ください。横浜市ホームページの中から市では収集しない『家電製品』の出し方のページを探し、市では収集しない『家電製品』の出し方がわかるようにしましたのでご利用いただければ幸いです。

 

スポンサード リンク

 

 

横浜市では収集しない『家電製品』の出し方の出し方の紹介

家庭で使用しているパソコン(本体・ディスプレイ)は、製造メーカーによる自主回収・リサイクルが法律で義務づけられています。不用になったパソコンはメーカーが自主回収するため、横浜市では収集しません。(PCリサイクルマークのない2003年10月以前に販売されたものも対象となります)

 

 自作パソコンや日本から撤退してしまった海外メーカーのパソコンなど、回収義務者が存在しないパソコンもリサイクルの対象となり、一般社団法人パソコン3R推進協会が回収を行っています。

 

 なお、プリンタ、スキャナ、キーボードなどの周辺機器やワープロはこの対象になりませんので、一番長いところが50センチメートル以上の場合は「粗大ゴミ」、50センチメートル未満の場合は「燃やすゴミ」として収集します。

 

PCリサイクルマーク
【排出方法】
○お持ちのパソコンのメーカーがわかる場合yajirushi.gif(217 byte)
直接メーカーに回収の申込をしてください。

 

○自作パソコン・日本から撤退してしまった海外メーカーのパソコンなど、回収義務者が存在しない場合yajirushi.gif(217 byte)
一般社団法人パソコン3R推進協会(TEL 03-5282-7685)へお申し込みください。
※パソコンのメーカーがわからない場合は、上記にお問い合わせください。

 

※なお、本サイト内に掲載しているリンク先サイトの内容は、各々のリンク先サイトに帰属するものであり、横浜市がその内容を保証するものではありません。 
 本サイト内に掲載しているリンク先サイトのご利用は、リンク先サイトに記載されている利用条件等に従ってご利用ください。また、リンク先サイトの利用によって発生したあらゆる損害については、横浜市がその責任を負うものではありません。 

 

■詳しくは…横浜市では収集しない『家電製品』の出し方の出し方ページをご覧ください。

スポンサード リンク


不用品処分

不用品と言っても売れるものやリサイクル、リユース出来るものもありますので、捨てる前にしっかり確認してみましょう。
どうしてもごみとして捨てなければならない場合もありますが、ごみの出し方は地域によって違うのが現状です。
粗大ごみガイドブック
不用品の処分でお困りの場合
まずは無料の見積もりをしてから処分しましょう。

ECOクリーン